MENU

トップページ
サービス概論
サービスの心得
顧客満足(CS)
従業員満足(ES)
人材育成・スタッフ教育
クレンリネス
ストアコンパリゾン・店舗視察
クレーム対策
サービス関連法律
よくある質問集
プロフィール
プライバシーポリシー
セミナー開催情報
お問い合わせ
リンク集
サイト案内

接客の龍、サービスの虎。
接客・サービスとお店のブログ。
独自の視点でサービスを分析。

街のサービスミーティング
接客・サービスとお店の勉強会。
人脈と知識を広げる交流会。

 ストアコンパリゾンのポイント | 方法と必要道具 | 自店に反映させるコツ  



自店に反映させるコツ


あくまでも目的は自店への反映です。
たとえ他業種であっても、活かせるところはきっとあるはず。


ストアコンパリゾンを続けていると、一見すると全く別の事柄でも、自店において充分に機能することも見えるようになってきます。


「ウチでは関係ないや」
「へえ、ここならできるな」
「立地が違うから…」

などと、自ら障壁を作ることなく自店につなげる努力をしていきましょう。

例えば、小売店で陳列棚のゴールデンラインを見た場合、アミューズメント施設でもお客さまの目線の動きを利用した、景品の並べ方などに工夫ができるでしょう。

また、飲食店でオーダーの取り方が勉強になった場合、マッサージ店のコース確認で、スムーズなサジェスチョンができるようになるかもしれません。

なんらかの形で接点をつくり、それを実践する。この努力が必要です。

もし、複数名で行った場合には、ストアコンパリゾン終了後速やかにミーティングすることをオススメします。
情報はホットなうちにすりあわせ、意見の交換をしてみましょう。


そしてその際に気をつけることは、
「他の人の視点や考え方などを否定しない」
ということです。

この考え方は、企画会議などに用いられるブレーンストーミングに基づくものですが、自らの考え方を否定された場合、そのあとの情報提供に、精神的な障壁ができてしまうのはお分かりいただけると思います。

なるべく多くの情報を吸い上げ、それを全員で意見交換したうえで、自店のオペレーションなどにつなげる工夫をしていきましょう。

また、得られた情報は全てがプラスに活きるとは限りません。
視察した店舗では大いにプラスに活用されていても、自店に取り入れた場合、最悪のサービスになってしまうこともあります。
単純にマネをするのではなく、よく咀嚼して活用できるかどうかの判断をすることも非常に大切です。

何も「優れたサービスのお店」「一流ホテル」「いつもお客さまで一杯のお店」などでなければならないということはありません。
近所のスーパーや小売店、いつも行くレストランなどでも勉強になる点は必ずあるはずです。


要は、意識をもってお店を見ることです。目的をもって、有効に時間を使うようにしてみましょう。


ページトップへ ▲


Copyright (C) 2007. いいサービスドットコム .All Rights Reserved.

このサイトの著作権は、いいサービスドットコムが所有します。

当サイトではイラスト素材の素材ダスのイラストを使用しています。