MENU

トップページ
サービス概論
サービスの心得
顧客満足(CS)
従業員満足(ES)
人材育成・スタッフ教育
クレンリネス
ストアコンパリゾン・店舗視察
クレーム対策
サービス関連法律
よくある質問集
プロフィール
プライバシーポリシー
セミナー開催情報
お問い合わせ
リンク集
サイト案内

接客の龍、サービスの虎。
接客・サービスとお店のブログ。
独自の視点でサービスを分析。

街のサービスミーティング
接客・サービスとお店の勉強会。
人脈と知識を広げる交流会。

 人材育成のポイント | OJTのススメ | モチベーション向上 | スタッフへの意識づけ  



OJTの大切さ


OJT(オー・ジェイ・ティー)=On the Job Training

現地指導、現場トレーニングという意味です。
マニュアルを基にした机上のシミュレーションも大切ですが、新人スタッフがスムーズに導入できるようになるために、現場のOJTは欠かせません。

計画的なトレーニングを行い、新人としての導入時から高いモチベーションを維持していきましょう。
新人スタッフの導入にあたり、様々なトレーニングが用意されます。


お店での一日の流れ 
接客用語やあいさつ
電話応対の方法
取扱い商品について
身だしなみについて
就業規則、勤務時間など
清掃の仕方
今後のシフト組み
先輩スタッフとの顔合わせ

などなど。
実際に勤務するまでには、まだまだ多くの研修が必要にはなりますが、お店や業態によって内容は異なります。

上記のような導入研修の中でも、OJTは非常に重要です。
現場において実際の雰囲気を体感し、お客様や先輩スタッフの動きを目にすることができます。
また、自分が現場に立ったとき、どのような状態になるのかを、ある程度想像して心の準備を整えることも可能です。

場合によっては、実際にお客さまの相手をしてみてもよいでしょう。
初めのうちは緊張してパニックになると思いますが、誰もが通る道です。


また、先輩スタッフやトレーナーは、上手く緊張を解きほぐし、しっかりとフォローすることを忘れないようにしましょう。




トレーナーとトレーニー


新人研修では多くの場合、教育担当の先輩スタッフが存在します。
専任で行うときもあれば、複数で教えていくこともあるでしょう。いずれにしても、教える側(トレーナー)と教わる側(トレーニー)の関係が大切になってきます。

トレーナーはトレーニーの緊張をほぐし、安心して研修に望めるように配慮しなければなりません。そして、研修を進めるにあたり、滞りのないように徹底した準備が求められます。

マニュアル
筆記用具
ユニフォーム
名札
メモ帳

などなど。
そして、何よりまず初めに自己紹介を行いましょう。

氏名
担当部署
勤続年数
住所
趣味

などなど。
あくまでも目的は、スムーズに研修を行える雰囲気づくりです。
あまり砕けすぎないように注意しましょう。

そして、トレーニングの内容と流れ、目的などを話していきます。
トレーナーとトレーニーの関係は、研修期間中だけのものではありません。
勤務開始後も、質問や悩みを聞きやすい相手であることも必要です。

トレーニーは常に不安と緊張の中にいます。
そんな中、他の先輩スタッフと少しでも打ち解けることができるように、橋渡しの役割もしなければなりません。

また、仕事の相談相手やアドバイザーとしての役割もあります。

ただ、ここで忘れてはいけないことは、あくまでも教える側と教わる側の関係であるということです。
打ち解けすぎず、仕事に関しては一定の距離を保つように意識しましょう。

ページトップへ ▲



フォローアップ


勤務開始後、一定期間を経過したら、必ずフォローアップを行いましょう。


○どれくらいの理解度があるのか
○不安な点がないか
○新たに出てきた疑問はないか
○仕事をする上での目標について
○今までの感想

などなど。
トレーナーからのフォローアップを行うことで、不安点を解消し、改めて新鮮な気持ちで仕事に臨むことができます。
もしそこで問題点が見つかったならば、早い段階での対処が可能になり、また、まだ慣れていないところがあれば、周囲の協力を仰ぎながらのアドバイスも可能です。

よく研修終了後に、一人前になったのだから、と放置してしまうケースを見かけますが、新人スタッフにとっては、研修後に覚える仕事のほうがはるかに多いはずです。

やっとの思いで船出をしたのに、その直後に大海原で一人ぼっちにする必要性は全くありません。
しっかりとしたフォローアップの体制を整えてこそ、新人研修の仕組みができあがるのです。


ページトップへ ▲


Copyright (C) 2007. いいサービスドットコム .All Rights Reserved.

このサイトの著作権は、いいサービスドットコムが所有します。

当サイトではイラスト素材の素材ダスのイラストを使用しています。