MENU

トップページ
サービス概論
サービスの心得
顧客満足(CS)
従業員満足(ES)
人材育成・スタッフ教育
クレンリネス
ストアコンパリゾン・店舗視察
クレーム対策
サービス関連法律
よくある質問集
プロフィール
プライバシーポリシー
セミナー開催情報
お問い合わせ
リンク集
サイト案内

接客の龍、サービスの虎。
接客・サービスとお店のブログ。
独自の視点でサービスを分析。

街のサービスミーティング
接客・サービスとお店の勉強会。
人脈と知識を広げる交流会。

 従業員満足について | 従業員満足の要素 | 従業員満足への意識  



従業員満足について


「従業員満足」という言葉は、最近になってよく耳にするようになりました。

従来は『お客さまの満足を追求し、会社の利益を上げること』という目標が第一にありました。そこには、従業員に対する視点など全く存在していなかったのです。

今では働くための環境づくりを意識することが、お客さまの満足につながり、ひいては会社の成長に影響してくることが分かっています。

リストラや経費削減など、マイナス要素による締めつけを排除し、満足度を追求して売上を上げるという、プラスの発想に転換してみましょう。


ESとは…


Employee Satisfaction=従業員満足 のことです。


顧客満足(CS)の追求に意識をしている企業は多いと思いますが、一緒に働いている従業員の環境について、もっと考えてみてはいかがでしょう。

近年では、ESの考え方も浸透してきましたが、計画的に取り組んでいるところはまだまだ少ないようです。

単純にスタッフを辞めさせないためのことではなく、満足度を向上させることで業績が上がり、お客さまへの満足度も向上します。

また、現在では転職や独立する道の選択肢が増え、そのため研修や教育にかけた人件費もムダになってしまうケースもあります。
大きな企業では1人を採用して一人前に育てるために、約1,000万円をかけるところもあるそうです。

会社を辞めさせないために、規則や制度で縛りつけるのではなく、従業員の満足度を高める工夫をしてみましょう。
居心地のよい環境には、長い間居続けたいものです。

どうすれば費用をかけずに、従業員の満足度を高めることができるか。
みんなで少しづつ考えていきましょう。




その他への影響


従業員満足が高くなれば、お客さまへのサービスレベルも向上します。
また、従業員満足が高くなったとき、お店としての力も強くなっていることでしょう。

接客・サービスのレベルを高め、お店の売上を伸ばしていくためには、ESの要素は無視できません。ぜひ従業員に目を向けてみてください。

全員が、笑顔で充実して働けるような環境づくりをしていきましょう。


ページトップへ ▲


Copyright (C) 2007. いいサービスドットコム .All Rights Reserved.

このサイトの著作権は、いいサービスドットコムが所有します。

当サイトではイラスト素材の素材ダスのイラストを使用しています。