MENU

トップページ
サービス概論
サービスの心得
顧客満足(CS)
従業員満足(ES)
人材育成・スタッフ教育
クレンリネス
ストアコンパリゾン・店舗視察
クレーム対策
サービス関連法律
よくある質問集
プロフィール
プライバシーポリシー
セミナー開催情報
お問い合わせ
リンク集
サイト案内

接客の龍、サービスの虎。
接客・サービスとお店のブログ。
独自の視点でサービスを分析。

街のサービスミーティング
接客・サービスとお店の勉強会。
人脈と知識を広げる交流会。

 顧客満足の考え方 | 店舗環境の整備 | 滞在時間の演出 | オペレーション構築  



POPの役割


『POPは物言わぬ販売員』といわれます。

価格やキャンペーンの案内だけが、POPの役割ではありません。
POPがあることで、その商品が活きてくるのです。また、お店側の販売計画にも大いに役立つでしょう。

しかし、お客さまからの理想をいえば、お店のスタッフから詳しい商品説明を聞きたいところです。ただ、全てのお客さまに対して個々の商品説明を行うことは不可能ですし、対応によってはかえって不満を招いてしまう可能性もあります。

POPに最低限の情報を載せておくことで、スタッフの負担を軽減し、
より詳しいプラスアルファの情報提供などに、サービスレベルを昇華させることが可能になるのです。




POPの位置


POPの中身が大切なのは言うまでもありませんが、それらの掲示場所もポイントになります。

小売店などでは、多くのPOPが所狭しと貼り付けられ、イヤでも目に飛び込んできたりしますが、あまりにも大量のPOPには注意を引く要素が無くなってしまいます。

POPは人の注意を引きつけて、初めて価値の生まれるものです。
目に入ることはあっても、理解することができなければ、無いことと同様です。

何の特徴もないような売場に、POPがあるから目立つのです。
何も貼られていない壁面に、一枚のPOPがあるから、目がいくのです。


「掲示板」「お知らせボード」

などに貼っておけば、お客さまが見てくれるというのは、安易な考えです。
それらのボードや掲示物は、単なる「オブジェ」のように受け止められている可能性もありますからね…。

POPを貼る位置には細心の注意を払いましょう。

お客さまの目線で常にチェックし、自然と目に飛び込み、印象に残る場所に掲示するようにしましょう。

店内の掲示物を、今一度眺めてみてはいかがでしょう。

目線や顔の角度を変えなくても、目に入ってきますか?
文字数は多すぎないですか?
POPを貼りすぎていませんか?
「自分目線」の基準になっていませんか?

POPの内容や、謳い文句、キャッチコピーなどにこだわる前に、掲示する位置をより意識してみるのもいいかもしれませんね…。


ページトップへ ▲


サービスの差別化


サービスの差別化を図るとはいえ、何を考えればよいのでしょう。

他店よりも丁寧な応対や、元気な挨拶、腰の低さが素晴らしいサービスになるとは限りません。場合によっては、それらが不満足につながることもあるのです。

お店の環境に適した対応を心がけ、その場の空気を読み取ることが必要です。

サービスの提供とは、えてして押し付けや独りよがりになりがちです。
自己満足に浸ってしまうのではなく、客観的に眺めるクセをつけましょう。




欠品とチャンスロス


商品の欠品は、お客さまへの信頼を著しく低下させます。

「売れ筋」「人気商品」「定番商品」などの在庫チェックには意識を集中しがちですが、商品在庫管理においては、個々のロット、組み合わせ数もチェックしなければなりません。

例えば、テーブルの脚は4本で1セットの使用となりますが、店頭在庫に3本しか存在しない場合、お客さまの購入機会は飛躍的に減少します。

1本が不足しているために、4本の売りそびれが出てしまうことになるのです。

完全な『チャンスロス(機会損失)』ですね。

たった1つの在庫管理不足のために、全ての商品が購入まで至りません。
また、このようなお客さまの不満は、表に出ることはありません。

ただ単に、「この店は品揃えが悪い。もう来ない」とつながるだけです。
お店側に何の情報ももたらされないまま、不満を抱えて来なくなってしまいます。

このような状態を避けるためには、チャンスロス(機会損失)を徹底して防がなければなりません。

適正在庫を把握し、売れ筋や死に筋を理解していること。

売場担当者は、数多くの商品を取り扱っています。
全てを完璧にコントロールすることは、難しいでしょう。

しかし、それもある程度カバーするためには、『いかに売場を見ているか』が重要なポイントとなってきます。
売場の動きをチェックしていれば、突発的なものも含め、リアルタイムな商品の流れを把握することができます。

そして、もし把握できていたならば、在庫の補充を行ったり、一分でも早く発注をかけることができるでしょう。また、在庫切れ商品の代替品を提案したり、入荷時期をお知らせするなどのサービスを提供することもできます。

適正な在庫管理は、数字とのにらめっこではありません。
現場の流れを把握し、柔軟な対応ができてこその在庫管理。


「忙しかったから」という言い訳をしないように、日頃からの意識が必要なのです。


ページトップへ ▲


Copyright (C) 2007. いいサービスドットコム .All Rights Reserved.

このサイトの著作権は、いいサービスドットコムが所有します。

当サイトではイラスト素材の素材ダスのイラストを使用しています。